Downloads

ライセンス

『ネットスフィア経理フロント』は、自由 (Free) かつオープンソースなソフトウェアです。GNU General Public License (GPL) Version 3 でライセンスされます。

Copyright (c) 2007-2009,2011 HORIKAWA Hisashi. All rights reserved.

ライセンス本文は、以下を参照してください。

第三者にソフトウェアを配布する場合にソースコードも提供しなければならない、などの義務があります。

異なるライセンスでの使用許諾を希望される場合は、お問い合わせください。

Trunk - HEAD

リリースされていない最新状態は, gitリポジトリから入手できます。netsphere / financial-front · GitLab

$ git clone https://gitlab.com/netsphere/financial-front.git

Version 2.99.0 (2013.10.29)

バージョン3.0に向けた開発バージョン。

ファイル / Download:
financial-front-2.99.0.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 小口経費精算
  • 勘定科目, 会計部門に加えて, 次元2 の導入

v2.0からの migration 後に, 手動で行うこと;

  • カンパニーの国の設定
  • 小口経費グループ
  • 各会計部門に, 次元2 (初期値) を設定
  • 税マスタ
  • 勘定科目ごとの, 課税売上/仕入

Known issues:

  • 勘定科目ごとに課税売上/仕入を選択するようにしたが,「両方」も選べるようにする
  • 小口経費精算の仕訳出力が完成していない。

Version 2.0.1 (2012.2.3)

バグフィックスのみです。データベーススキーマに変更はありません (rake db:migrate は不要)。

ファイル / Download:
financial-front-2.0.1.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • production環境で請求書PDFの生成に失敗するのを修正。
  • 入金伝票、出金伝票に機能通貨の金額を(も)表示。
  • 出金伝票の仕訳の摘要欄の為替レートを修正。
  • 自社資金口座がactiveかどうか, 紐づく勘定科目に基づくようにした。
  • 仕訳の諸口の修正。
  • インポートエラーの修正。
  • その他マイナな修正。

Version 2.0.0 (2011.12.28)

リリースノート v2.0.0 を参照してください。

ファイル / Download:
financial-front-2.0.0.tar.gz

snapshot 20090527 (2009.6.1)

ファイル / Download:
keirisys-20090527.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  1. 全般
    • Rails 2.3.2に対応。
    • will_paginate を vendorから取り除いた。別途gemをインストールすること。
    • 複数のカンパニーを扱うように修正。
    • [schema] カンパニー間の共通事項を格納するglobal_settingsを新設。
    • [schema] それに伴って、カンパニー表を修正。
    • 請求書、販売請求書は基底クラスDocumentを持つようにした。
    • [schema] ロールを部門で設定するのをやめて、ユーザ表に設けることにした。
  2. G/L
    • 予算実績対比で、会計部門でフィルタを掛けられるようにした。
    • [schema] 総勘定元帳表に取引先を追加。
  3. PUR-AP
    • [schema] 輸入申告表の消費税と地方消費税を分けた。
    • [schema] 請求書表について、カンパニーと紐付け、稟議書番号を追加。
  4. AR
    • 販売請求書の入金消し込みを実装。未入金一覧の表示、入金額にもとづく入金伝票の作成、会計システムへの仕訳の生成。
    • 販売請求書をいろいろ改善。
    • [schema] 英語表示の銀行口座 en_bank_accountsを新設。(まだ途中)
    • [schema] 自社銀行口座表で、カンパニーと紐付け。
    • [schema] 自社連絡先をカンパニーと紐付け。
    • [schema] 入金表について、当方負担手数料を追加、状態を追加。
    • [schema] 販売請求書について、カンパニーと紐付け、その他必要な列を追加。

snapshot 2008.5.25 (revision 187)

公開日 / Release Date:
2008.5.25
ファイル / Download:
keirisys-20080525.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 全般
    • プラグインを更新。acts_as_authenticated, better_nested_set, will_paginate
  • G/L
    • [schema] 勘定科目テーブルにdescriptionを追加。
    • [schema] 帳票 reports, 勘定科目の表示順 reporting_titles テーブルを追加。まだ、帳票に表示する科目を設定できない。
    • 勘定科目の集計を改善。
    • コストセンタの集計木を追加できるようにした。
    • 元帳ダウンロードは、データが大きくなることがあるので、ストリーム出力するようにした。
    • 勘定科目のインポートを実装。
  • AP/AR共通
    • 銀行を追加できるようにした。
  • PUR-AP
    • [schema] 輸入報告(輸入許可、輸入申告の報告)テーブル import_declarations, imports_invoices を追加。請求書と紐づけできる。
    • [schema] 請求書テーブルに請求書番号を追加。
    • [schema] 注文書テーブル purchase_orders を作り中。
    • 請求書データを会計システムに連動した後は、削除を禁止し、ステータスキャンセルにするようにした。
  • AR
    • [schema] 自社銀行口座テーブルに紐づけする勘定科目を追加。
    • [schema] 入金テーブル receivings を追加。
    • コピーして新しい請求書を作成、を実装。
  • 発売(売上)報告
    • [schema] 自社店舗テーブル our_branches を追加。

snapshot 2008.3.15 (revision 150)

公開日 / Release Date:
2008.3.16
ファイル / Download:
keirisys-20080315.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 全般
    • インストールの便宜に、基本的なテーブルを設定するsetup_base_records.rbスクリプトを用意。
  • 予算・実績管理 (G/L)
    • 元帳ダウンロード画面を整理した。
    • 元帳画面から、仕訳に加えて、請求書または予算に跳べるようにした。
    • [schema] カンパニーテーブルに会計部門のデフォルト集計木を追加した。
    • [schema] 予算行 work_actions テーブルに division_id を追加。所管部門を表す。
    • 部門の集計木を新たに作れるようにする。(制作途中)
    • [schema] 勘定科目テーブルに表示正残フィールドsign を追加。
    • 予算・実績の出力で、科目の正残設定にしたがって金額を出力するようにした。
    • [schema] 勘定科目の集計木 account_title_trees テーブルを追加した。集計木そのものは帳票間で共有する。帳票は実在科目または集計科目を単にリストするようにする予定。
    • [schema] 勘定科目テーブルに集計科目 aggregate_flagフィールドを追加。
    • [schema] work_actionsテーブルにpartnersフィールドを追加。
  • 債務管理 (AP)、債権管理 (AR) 共通
    • [schema] 勘定科目テーブルに取引先が必要 req_partnerフィールドを追加。仕訳生成時に参照。
    • 為替レート編集画面、為替レートの削除を実装。
    • [schema] カンパニーテーブルに機能通貨 functional currency を追加。仕訳生成時に参照する。
    • [schema] 取引先テーブルにupdated_by を追加。
    • [schema] 勘定科目テーブルに receivable_id, payable_idを追加した。勘定科目ごとに売掛金/未収入金科目、買掛金/未払金科目を設定する。指定がないものは請求書で選択できない。
    • [schema] 勘定科目テーブルから purchase_active を削除。
  • AP
    • 購買請求書入力画面で、合計額をリアルタイムに表示するようにしてみた。
    • 請求書で、明細行を追加できるようにした。実装は手抜き。
  • AR
    • 販売請求書が完成。販売請求書の入力、請求書発行依頼の印刷、経理での入力内容承認、請求書またはInvoiceの印刷 (PDF作成)、会計システムへの仕訳出力が一連でできるようになった。
    • 請求書の削除を実装。経理ロールユーザだけが可能。
    • [schema] カンパニーテーブルに名前, Name (en) を追加。
    • [schema] カンパニーテーブルに請求書フッタ si_footer, 請求書ロゴイメージlogo_imageを追加。今のところロゴイメージはpng決め打ち。
    • [schema] 販売請求書 sales_invoices テーブルに 販売日 sell_day, 発送方法 deliveryを追加。
    • [schema] 販売請求書テーブルに請求書番号 si_numberを追加。
    • [schema] our_contacts テーブルを追加。請求書発行者を表す。
    • 販売請求書で、明細行とは別に仕訳を入力するようにした。明細行はワープロ的な位置づけ。
    • [schema] 販売請求書による仕訳 si_journals テーブルを追加。また、si_detailsテーブルからは勘定科目と会計部門を削除。
    • [schema] si_logsテーブルを追加。販売請求書の更新、承認履歴。
    • [schema] 自社銀行口座テーブルにremarksを追加。

snapshot 2008.2.17 (revision 108)

公開日 / Release Date:
2008.2.17
ファイル / Download:
keirisys-20080217.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • マスタ管理
    • 最初のユーザ (社員) は、自動的に、本社経理ロールにする。
    • 社員の削除でのエラーをfix.
    • パスワード変更画面をユーザ編集画面と分けた。管理者以外は自分のユーザ情報の参照と、パスワードの変更だけできる。
    • [schema] users から部門IDフィールドを削除。users_divisionsを経由した多対多だけにした。これに伴い、全体的に修正。
    • [schema] users にactiveを追加。activeでないユーザはログイン禁止。
    • [schema] users_divisions にdefault_pair を追加。主たる所属部門を表す。
    • カンパニーの一覧を廃止。今のところ、作れるカンパニーは一つだけに制限。
  • 予算・実績管理 (G/L)
    • 勘定科目の検索を実装。
    • 部門別の予算実績対比表を実装。所属部門の集計先のコストセンタのみ参照できる。ほかのコストセンタも参照したいときは、運用で、社員の所属部門を追加して対応する。表示する勘定科目と小計行は超ハードコーディングしている。
    • 予算実績対比表から元帳、仕訳を参照できるようにした。
    • [schema] kubuns にactiveを追加。選択肢として表示するかどうか。
    • [schema] company_settings に default_cost_center_id を追加。集計木を示す。
  • 債務管理 (AP)、債権管理 (AR)
    • 為替換算レート有効期限日を追加。その日以降の伝票日付で外貨建てのものは会計システムに出力しないようにした。
    • [schema] company_settings に為替換算レート有効期限日 currency_limit, 販売請求書番号カウンタ si_counter を追加。
    • [schema] 支払依頼入力締切り日と仕訳確定日をわけた。
    • 請求書発行をブラッシュアップ(まだ途上)。一時ファイルを RAILS_ROOT/tmp に作成するようにし、生成後は削除するようにした。
    • 販売請求書の編集を実装。
    • 環境変数JAVA_HOME, FOP_HOMEを必須にした。
    • 英文請求書の発行を実装。
    • [schema] 販売請求書にremarksを追加。海外向けは、とりあえず、銀行口座などはremarksに書く。
  • その他
    • Ruby on Rails 2.0対応。protect_from_forgery を有効にした。
    • 文字列の正規化はモデルへ移動。

snapshot 2008.1.18 (revision 81)

公開日 / Release Date:
2008.1.21
ファイル / Download:
keirisys-20080118-r81.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 引き続き Ruby on Rails 2.0 対応の修正; セッション情報の内容を縮小。link_to() の:post => true を:method => 'post' に修正。
  • 別システムからユーザ認証機能を利用できるようにした。HTTPリクエストに対して結果をXMLで返す簡単なもの。
  • 経理メニューは、経理ロールを持つユーザだけがアクセスできるようにした。
  • 販売の請求書がやっと作成できるようになった。JDK6 + Apache FOP 0.94 でテスト。まだ自社情報、ワークフロー、編集機能などが必要。
  • ユーザを社員に変更。社員マスタをブラッシュアップ。ログインIDの有無で必要なフィールドを切り替えるようにした。経理ロールを持つユーザだけが追加、自分以外の分の編集、部門の変更をできるようにした。
  • 銀行マスタをブラッシュアップ。
  • 会計部門マスタをブラッシュアップ。
  • 勘定科目マスタ、会計部門マスタで、手製のキャッシュを廃止。
  • [schema] contacts テーブルを廃止。とりあえずsales_invoices に含めるようにした。
  • [schema] sales_invoices, si_details テーブルを更新。

snapshot 2008.1.12 (revision 76)

公開日 / Release Date:
2008.1.13
ファイル / Download:
keirisys-20080112-r76.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • Ruby on Rails 2.0に対応。paginate, start_form_tag。will_paginateを導入。
  • 予算実績対比表から元帳を参照できるようにした。
  • 販売側の請求書作成画面が少し進んだ。まだ途中。

snapshot 2007.12.28 (revision 70)

公開日 / Release Date:
2008.1.4
ファイル / Download:
keirisys-20071228.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 勘定科目の検索を実装。(まだ途中)
  • 銀行の検索を実装。支店名が必須。銀行振込用のデータを作れるように、手始めにzen2han() を追加。
  • [schema] ユーザ (社員) と会計部門との関連を多対多にした。兼任を表す。usersのdivision_id は削除の予定。
  • 部門別予算・実績対比表がおおむね完成。見栄えがまだ悪い。TODO: 元帳、会計伝票を参照できるようにすること。
  • 請求書のコメントで、自分が書いた最後のものを更新できるようにした。
  • 請求書を経理担当roleユーザが編集するとき、更新と承認を同時にできるボタンを追加。
  • 請求金額がマイナスのとき、支払依頼ではなく、Credit Memo Reportというタイトルに変更。
  • [schema] 取引先銀行口座のidを意味無しコードにし、会計システムコードは別に設けた。
  • 取引先の検索で、大文字・小文字を区別しないようにした。
  • 仕訳の出力で、為替レートの登録が1ヶ月間ないと警告表示。TODO: 為替レートの登録がない日以降の仕訳は生成しないように (or エラーに) すること。
  • インポートログを手でリロードするのはあんまりなので、定期的に自動でリロードするようにした。

実験的な機能:

  • 顧客に対する請求書の発行を実装 (まだ途中)。Apache FOPを呼び出して、ダミーデータでPDFを作るところまでできた。
  • [schema] 自社銀行口座 our_banks を追加。自社口座の振替があるので、bank_accounts を参照するようにしてみた。
  • [schema] sales_invoices, si_details, si_banks 追加。
  • [schema] 取引先の連絡先 contacts を追加。

snapshot 2007.11.16

公開日 / Release Date:
2007.11.28
ファイル / Download:
keirisys-20071116.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 管理部門、集計部門、コントローラなど用語が乱れていたのを「コストセンタ」で統一。
  • 総勘定元帳 (実績のみ、B/Sも) のダウンロードを実装。
  • 部門別の予算・実績対比表を画面に表示できるようにした。Cubeクラスを作成。OLAPみたい。外部に任せたい。
  • 総勘定元帳 (仕訳) データのインポート、取引先(仕入先)のインポートを実装。
  • 取引先表示画面で、関連ファイルの内容を読まないようにした。スピードアップ。
  • [schema] 為替レートは、指定日の翌日から適用、を当日から適用に変更。日次レートにできる。

snapshot 2007.10.26

公開日 / Release Date:
2007.10.31
ファイル / Download:
keirisys-20071026.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 予算・実績対比表のダウンロードを作り直し。
  • 支払依頼を再印刷したときに、会計システムでの計上日が正しく表示されなかったのを修正。
  • タイミングによって、支払依頼を2度承認できたのを修正。
  • ユーザが自分でパスワードなど変更できるようにした。まだやっつけ仕事レベル。
  • [schema] 総勘定元帳から使用していなかったpartner_idを削除。
  • その他もろもろ。

snapshot 2007.9.21

公開日 / Release Date:
2007.9.25
ファイル / Download:
keirisys-20070921.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 小数点以下の表示が不味かった点を修正。
  • 請求書を作成するときに明細行に消費税をセットするようにした。
  • 部門の集計木を複数持てるようにした。組織に合わせた予算・実績と、商品別・所在地別などを集計できる。
  • [schema] control_divisionsとdivisionsを多対多で繋ぐようにした。control_divisions に parent_id, lft, rgtを追加。controllers_divisions表を追加。部門マスタからcontrol_division_idを削除。
  • [schema] 勘定科目マスタから start_day を削除。使い道がない。
  • [schema] 部門マスタからstart_dayを削除。
  • [schema] kubuns表のnameにunique制約を付加。
  • 会計部門を仕訳データがないときは削除できるようにした。
  • 請求書一覧を二つに分けて表示するようにした。
  • better nested setを導入。

snapshot 2007.9.15

公開日 / Release Date:
2007.9.19
ファイル / Download:
keirisys-20070915.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • ログインに失敗したときにエラーを表示するようにした。
  • 振込先銀行口座と取引先の紐づけを変更できるようにした。
  • 請求書画面で、存在しない日付を指定すると例外になった点を修正。
  • 請求書の支払先を変更できるようにした。
  • 小数点以下の丸め方が不味かったのを修正。
  • [schema] kubuns (予算・実績区分) に長い名前を追加。
既知の課題:
  • 勘定科目マスタの消費税コードを変えると、請求書の消費税コードが変わってしまう。

snapshot 2007.8.14

公開日 / Release Date:
2007.8.17
ファイル / Download:
keirisys-20070814.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 請求書 詳細画面で、削除したときに前の画面に戻るようにした。
  • 請求書の登録で、初期値を「前の行の繰り返し」にした。
  • 翌月日の計算方法を変更。
  • 消費税コードをいろんな場所で、仕訳として生成するコードを表示するように変更。
  • 取引先の編集で、更新した名前などを、Unicodeの正規化をおこなってからデータベースに格納するようにした。
  • 支払依頼を再印刷できるようにした。
  • 支払依頼に会計伝票の計上日を表示するようにした。
  • ユーザの所属部門を選べるようにした。
  • [schema] invoicesに会計伝票日付を追加。
  • [schema] users の login, email にUNIQUE制約を追加。
既知の課題:
  • ログイン時にユーザID、パスワードを間違えてもエラーメッセージが表示されない。(単にログイン画面がもう一度表示される。)
  • 取引先の削除でエラーになる。

snapshot 2007.8.1

公開日 / Release Date:
2007.8.3
ファイル / Download:
keirisys-20070801.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 初リリース