いろいろなWikiシステム

(2007.11.1)

組織 (会社・団体など) における情報共有の手段として、導入が簡単なのはWindowsのファイル共有です。しかし、ファイルが多くなってくるとすぐに破綻してしまいます。

よくあるのは、どれが最新か分からなくなる、という問題です。技術的には、ファイル名しかメタデータがない、バージョン管理できない、など。

プロジェクト管理ソフトは、案件ごとの共有にはいいのですが、プロジェクトをまたぐような文書には向きません。

いろいろな方向性がありますが、Webベースのソフトとして、このページでは、使えそうなWikiシステムを並べてみます。

こんな機能、特徴があるとよさそうです;

添付ファイルのバージョン管理は、WikiのページからVCSのファイルのURLへリンクを張れれば十分かもしれません。Apache/WebDAV, あるいはViewVC (旧ViewCVS)。InterWiki記法で自動的に変換してくれるとなお良し。

Wikiいろいろ

Fedora 7 Linuxでパッケージが用意されているものは次の二つです;

MediaWikiは、ウィキペディアで使われているシステムです。

MoinMoin

データはすべてファイルとして記録します。データベース (RDBMS) は使いません。

Fedora Project Wiki, GNOME Live!, Official Ubuntu Wiki, Xen Wiki などで利用されています。メジャー。

MoinMoinのインストールと運用

Hiki

Hiki は Ruby で書かれた高機能・高速 Wiki クローン。

Subversionと連携し、WikiデータをSubversionのリポジトリに置けます。編集履歴プラグインで履歴を見ることもできます。

ファイ添付はプラグインにて対応。

VikiWiki

VikiWikiはRubyで作られた、インデントを主体とした整形フォーマットのWiki Engine。

donrails

Ruby on Railsで書かれたblogシステム。Wikiでない。

Instiki

Rubyベース。

3ステップで導入できる;

  1. Download
  2. Run "instiki"
  3. Chuckle… "There's s no step three!" (TM)

ファイルの添付はできません。

BitChannel

RubyベースのWikiClone。Subversionには対応していないようです。

TikiWiki (Tiki)

以下のものが統合されています。非常に多機能。PHPベース。