随感録 2018年6月

2018-06-02 (Sat)

Windows 10 version 1803 で、ロック画面の「Windowsスポットライト」が選べない。

Web上の情報が、探した限り、全部的外れだった。[解決済み]

症状

設定 > 個人用設定 > 「ロック画面」タブ

背景を「Windowsスポットライト」にしても反映されない。選べるように見えるが、ほかのタブを選んで、またロック画面を表示すると、背景 = 「画像」になってしまう。背景=画像で,「ロック画面にトリビアやヒントなどの情報を表示する」もONにできない。(同じく、できるように見えるが、設定が反映されない)

誤った対策

この症状は、様々な解説がWeb上にある。次の二つに集約できる。別の原因のときは、もしかすると効果があるかもしれないが、的外れ。

この機能は ContentDeliveryManager というアプリが担っている。インストール先は, C:\Program Files\WindowsApps ではなく, C:\Windows\SystemApps.

1) 設定を消す

次のフォルダにある設定ファイル, ロックファイルを消してみては、という意見が多い。

C:\Users\ ユーザID \AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\Settings

cw5n1h2txyewy の部分は、端末ごとに異なる。

2) アプリを再登録する

PowerShell を管理者モードで開き、次のコマンドを叩く。

Get-AppxPackage -allusers *ContentDeliveryManager* | foreach {Add-AppxPackage "$($_.InstallLocat ion)\appxmanifest.xml" -DisableDevelopmentMode -register }

こちらは、アンインストールからの再インストールですらないので、効果ないだろう。

解決

Windows スポットライトは, 定期的に画像を自動ダウンロードしてくる機能。したがい,「バックグラウンドアプリ」が有効になっていないと動作しない。これが真の原因。

設定 > プライバシー > 「バックグラウンドアプリ」タブ

「アプリのバックグラウンド実行を許可する」をONにする。

個別のアプリの許可は、一切不要。つまり、この設定項目は、個々のアプリを一括で不許可にする機能「ではない」。えー。

そもそも, ロック画面で設定が反映されないときにエラー表示を出してくれれば、こんなに多くの人が彷徨うこともないのに。下手くそ。

ネットワークの状態が「パブリックネットワーク」になってしまう

Windows 10 version 1803 で「ホームグループ」が削除されたため、その設定画面にあった、接続中のネットワークをプライベートにするかパブリックにするか、の設定も、道連れでできなくなってしまった。

version 1709 から 1803 に上げたときにか何かの拍子に、自宅のがパブリックネットワークになってしまった。

Windows Defender ファイアウォールは、プライベートかパブリックかで、データを通す/通さないが変わるので、これはとても困る。ネットワークの「共有オプション」(共有の詳細設定), ネットワーク探索も、同様に、プライベートかパブリックかで設定が変わる。


自宅だが、パブリックになってしまっている。

誤り

ホームグループでの設定は、できない。機能が削除された。どうしてこうなった。

「範囲内の場合は自動的に接続する」のON / OFF で、ON = プライベート, OFF = パブリック、というような記事もあるが、誤り。反映されない。

解決

エクスプローラで,「ネットワーク」をクリックすると,「ファイル共有が無効です。・・・」という通知が出る。

その通知をクリックするとポップアップが出るので,「ネットワーク探索とファイル共有の有効化」をクリック

次のダイアログが出る。まさかこんな場所に!

別解

レジストリエディタを管理者モードで開き、次のキーを変更する。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkList\Profiles\{ GUID }

インタフェイスごとにキー (フォルダ) が作られる。GUID はランダム。ここの Category の値が, 1でプライベート、0でパブリック。変更後はPCの再起動が必要。