Redmine 3.1 のインストール

(2011.6.29 新規作成。)
(2015.11.3 redmine v3.1.1 に更新.)

Redmineのインストール方法について。

バージョン選択

Ruby / Ruby on Railsの界隈は、バージョンアップでどんどん互換性が失われるので、Redmineが必要とするライブラリなどについて、注意深くバージョンを選んでインストールしなければなりません。

(2015.7.19)
2015年7月現在、Redmine v3.0.4と v2.6.6 があります。それぞれ、依存バージョンは次のようになります。

Redmineバージョン Ruby on Railsバージョン Rubyバージョン
3.1.x 4.2.x 2.0.0-p645 〜 2.2.x ※2
3.0.x 4.2.x 2.0.0-p645 〜 2.2.x ※2
2.6.x 3.2.x ※1 2.0.0-p645 〜 2.2.x ※2

※1 Ruby on Rails v3.2 は、まだサポートが継続している。2015-06-16 にセキュリティfix のために v3.2.22 がリリースされている; Riding Rails: Rails 3.2.22, 4.1.11 and 4.2.2 have been released and more

※2 Rubyは、バージョン2.0.0より前のバージョンは、もはやサポートされていない。CVE-2015-1855: Ruby OpenSSL ホスト名検証の脆弱性

どちらを選ぶか。

どのような Redmine プラグインを使うか、で考えてはどうか。その制約がなければ、Redmine 3.0 にしておいたほうがいいだろう。Rails 3.x と 4.x の非互換は大きいが、いつかは上げなければならない。

プラグイン

Redmine は、プラグインがないと、機能が不足している。

Scrum - Plugins - Redmine
Scrum プラグイン。
ライセンス: Creative Commons Attribution-NoDerivatives 4.0 (CC BY-ND 4.0)
互換性: Redmine v3.1, v3.0

[2016.1] 実際にインストールしてみたが、きちんと動かすことができなかった。チケットを sprint 単位に分けるのはできたが、sprint (task) board が表示できない (v0.13.1)。

Redmine Agile plugin
カンバン, Scrum に似たタスクボード, バーンダウンなど。Light版 (Free) だと機能制限が多い。PRO Single-site版は 199$ [2016.9確認] 399 US$.
ライセンス: 商用
互換性: Redmine v3.1, v3.0, v2.6

このプラグインだけでなく、CRM, ヘルプデスク, Invoice などもある。

Redmine Gantt Plugin - Easy Redmine
drag & drop でガントチャートをアップデート。FREE版 (FREE Easy Gantt) とPRO版 (PRO Easy Gantt) がある。critical pathなどは PRO版 (199ユーロ [2016.9確認] 299ユーロ). ダウンロードのためにメールアドレスを入力する (2015.12).

日本における代理店: Easy Redmine | 広瀬情報企画 動画がある。Easy WBS はマインドマップのような編集画面。

インストール〜起動まで

(2015.11.3)

Redmine 3.1.1 をインストールします。

Redmine のサイト, Download のページから, redmine-3.1.1.tar.gz をダウンロード, 解凍。

config/database.yml

config/database.yml.example ファイルをコピーして database.yml ファイルを作ります。私は PostgreSQL にしました。以前はMySQLでなければうまく動きませんでしたが、最近のバージョンは問題ありません。

production:
  adapter: postgresql
  database: redmine
  host: localhost
  username: rails
  password: 接続パスワード

mysql を使うエントリはすべてコメントアウトします。残っていると, 次の bundle で mysql2 gem をインストールしようとしてしまいます。

依存するgem

yumコマンドで ImageMagick-devel をインストールしておきます。

次いで, 次の gem をインストールしておく必要があります。

または, bundle install --path vendor/bundle で、依存する gem すべてをローカルにインストールします。

データベース設定

PostgreSQLユーザ、データベースを作成します。PostgreSQLについて詳しくは、PostgreSQLの管理 を参照。

$ createdb -h localhost -U postgres -E utf8 -O rails redmine

マイグレートします。簡単。

$ bundle exec rake db:migrate RAILS_ENV=production

うまくいったか確認. 全部 up になっていればOK

$ bundle exec rake db:migrate:status RAILS_ENV=production

秘密トークン

config/secrets.yml を作る

$ bundle exec rake secret > config/secrets.yml

ファイルを編集して, 次のようにする;

production:
  secret_key_base: 長いランダムな値

起動!


(クリックで拡大)
$ passenger start -e production

オプションを指定しないと ポート3000で待ち受けます。

初期設定

まずはシステム全体に関係する設定をしましょう。管理者ユーザは、あらかじめ、ログインID admin, パスワード admin で登録されています。これでログインします。

ページ上部の「管理」(Administration) をクリックします。

最初はデフォルト設定をロードするよう促される。「デフォルト設定をロード」をクリックする。

ロールと権限 (Roles and permissions)

初期設定では, 管理者、開発者、報告者、非メンバー (Non member), 匿名ユーザー (Anonymous) が登録されています。

権限の ON / OFFを変更できます。

チケットのステータス (Issue statuses)

課題の状態。

初期設定は、新規、進行中, 解決、フィードバック、終了、却下 の6種類です。課題 (issue) がクローズされるのは、終了と却下です。

終了は「完了」のほうが意味が通ると思います。あと、「重複」を追加して、却下は「キャンセル」ぐらいでしょうか。日本語にしなくても、fixed, duplicate, invalid でもいいと思います。

ここでできる設定は, 名称と終了かどうかだけです。