Linux LVM2のコマンド

(2014.9)

Linux LVM2 は, HP HP-UX や IBM AIX, 古くは OSF/1 で採用された LVM に似せて作られた。特に, HP-UX 11i の LVM と Linux の LVM2 は, 非常によく似ている。

(HP-UX 11i v3 は, 2016年現在も、アップデートが続いている。)

lvmコマンド

Linux に話を戻す。Linux LVM では, 3つのスタイルでコマンドを実行できる。

  • lvm コマンドで lvm コンソールに入り, 対話式に, 必要なコマンドを実行する
  • lvm lvm-command コマンドスタイル
  • シェルから直接, lvm-command を実行

(1) シェルから実行できるlvmコマンド

下の表のうち * を付けたコマンドは、lvmコンソールでも実行できる。

処理 PV VG LV
-- vgcfgbackup * --
-- vgcfgrestore *--
属性の変更 pvchange * vgchange * lvchange *
metadataの検査 pvck * vgck * --
metadataフォーマットの変換 -- vgconvert * lvconvert *
初期化 pvcreate * vgcreate * lvcreate *
属性の表示 pvdisplay *vgdisplay * lvdisplay *
-- vgexport * --
-- vgextend * lvextend *
-- vgimport * --
-- vgimportclone --
-- vgmerge * --
-- vgmknodes * --
pvmove * -- --
-- vgreduce * lvreduce *
pvremove * vgremove * lvremove *
-- vgrename * lvrename *
pvresize * -- lvresize *
pvs * vgs * lvs *
pvscan * vgscan * lvscan *
-- vgsplit * --

その他:

  • blkdeactivate - utility to deactivate block devices
  • fsadm - utility to resize or check filesystem on a device
  • lvmchange * -- this is obsolete and does nothing. => dmsetupコマンド (device-mapperパッケージ) を使う
  • lvmconf
  • lvmdiskscan * - 一覧表示 for all devices visible to LVM2
  • lvmdump - create lvm2 information dumps for diagnostic purposes
  • lvmetad - LVM metadata cache daemon
  • lvmsadc * - サポートされない
  • lvmsar * - サポートされない

(2) lvmコンソールから実行するコマンド

上で * を付けたコマンドに加えて, 次のコマンドがある。

  • devtypes
  • dumpconfig
  • formats
  • pvdata
  • segtypes
  • tags

例: 物理ドライブの追加

例えば、動作している構成に物理ドライブを追加した際は、次のコマンドを組み合わせる。

1. cfdisk または fdiskコマンド (いずれもutil-linux パッケージ) で、ディスクドライブにパーティション (区画) を作成する。

2. pvcreateコマンドで、パーティションに PV を作成する。

3. vgextendコマンドで、既存の VGに、PVを追加する。VGはできるだけ単一にしたほうがいいので、既存の VGに追加できない場合を除き, vgcreateコマンドは使わない。

ディスクドライブのセクタサイズが異なる場合、一つのVGに組み込めない。(確かそのはず)

4. lvcreateコマンドで, VGからLVを新しく切り出す。

5. mkfs.ext4 など好みのコマンドで、ファイルシステムを生成する。

6. /etc/fstab ファイルにエントリを追加する。