随感録 (最新)

2017-04-08 (Sat)

Windows 10 バージョン 1703 (Creators Update) ビルド 15063.13 にアップグレードした。今回のはマイナアップグレードだった。特に動かなくなったアプリケーションはない。

これまで Cortana を無効にしていて、今回のアップグレードで勝手に有効になるかと思ったが、そうでもなかった。

手動で有効にする方法を書いておく。ネット上には古くて不十分な情報が多かった。

Cortana の有効化、無効化は、二つのステップがある。

1) システム全体の有効・無効

管理者でレジストリエディタを動かす。

キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search で、値を作る. Windows Search キーがない場合もある。このときはキーから作ってやればいい。

次の値を作るか、変更する。

  • AllowCortana REG_DWORD (DWORD 32bit)

値の名前 AllowCortana は単語の間に空白がないことに注意。

この値がない場合は Cortanaは有効。値がある場合、1で有効、0で無効になる。

値を変更したら、エクスプローラを再起動すれば, 反映される。

2) 自分だけ有効・無効

Windows 10 バージョン 1607 (Anniversary Update) から導入されたようだ。システム全体でCortanaが有効の場合に、さらにユーザごとに有効・無効を設定できる。

古いページだと、この記述が抜けていて、書いてある通りにやってもうまくいかないことがある。

キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Search で作業する。

有効にするには, 値 BingSearchEnabled を 1にする。

無効にするには, 次の3つの値をすべて 0 にする。

  • BingSearchEnabled
  • CanCortanaBeEnabled
  • CortanaConsent

で、久しぶりに Cortana を使ってみたが、まだまだ使い物になるには, ほど遠いなぁ。

2015-08-11 (Tue)

Windows 10のスタートメニューで「すべてのアプリ」を表示したときに、右クリックからアンインストールできるWindows Storeアプリとそうでないアプリがある。

デスクトップアプリとWindows Storeアプリが両方あるものは、Windows Storeアプリが邪魔なのに。

そこで、消す方法。

次のコマンドを組み合わせる;

Get-AppxPackage
Windows Storeアプリを一覧表示
Select-String 検索文字列
検索文字列 が含まれる行を抽出
Remove-AppxPackage
Windows Storeアプリを削除

PowerShell を開いて、まずパッケージを特定する。

> Get-AppxPackage | Select-String Photo

Microsoft.Windows.Photos_15.803.16240.0_x64__8wekyb3d8bbwe

削除する。

> Get-AppxPackage | Select-String Photo | Remove-AppxPackage

2015-08-01 (Sat)

Windows 10にアップグレードした。

Windows Update でのアップグレードが繰り返し失敗していた。ネット上で同様の挙動に当たっている人も多かったが、解決方法が正しくない。

結局、ISOファイルをダウンロードしてDVDに焼き、そこから起動してアップグレードした。これが一番確実。

ここから「メディア作成ツール」をダウンロードして、Windows 10のインストールメディアを作成する。

Q's Nicolatter 8は、Windows 10 でも使える。Windows StoreアプリやMicrosoft Edge はセキュリティ制限が強いため、かな/英数のモード切替えが[ひらがな]キー、[英数]キーの決め打ちになる。

Windows 10に話を戻すと, 全体的に作りかけ感が半端ない。

アイコンのデザインがどんくさい。正面から見たデザインのものと斜めから見たものが混在していて、一体感が全然ない。

ウィンドウを左右に並べて表示、の挙動があやしい。なぜこんな基本的なところの挙動が??

チャームがなくなったのは、逆に良かった。