Linux で Common Desktop Environment (CDE)



(2018.12.2)

Flatデザインに対するアンチテーゼ、CDE を試す。

Flatデザインは、注意深くデザインしない限り、次のような問題が生じやすい。

  • どこがクリックできるのか分かりづらい
  • リンクなのかアクションなのか、区別が付きづらい. 酷いと, ただのテキストに見える.
  • Man-machine interaction を色に頼ってしまう

見た目は洒落てるが、使いやすさを犠牲にするきらいがある。CDEはその対極にある.

Common Desktop Environment (CDE)?

Common Desktop Environment (CDE) は, とても古い UNIX 用のデスクトップ環境で, CDE 1.0 が 1993年にリリースされている。商用の最後のリリースは, 1997 年の CDE 2.1.

Screenshots; GUIdebook > Screenshots > CDE 1.5 in Solaris 9

制作者は, ソースコードの copyright によれば, 次の7社; Hewlett-Packard (HP), IBM, Sun Microsystems, Santa Cruz Organization (SCO), Digital Equipment Corp (DEC), 富士通, および 日立.

1998年の Solaris 2.6 に CDE が含まれていた。ここで本物を初めて見た。2000年に購入したのが Solaris 8 (CDE 1.3~パッチで1.4だったらしい). Solaris 9 は2002年ぐらい。でも CDE 1.4~1.5だったようだ。

もっと古くは, OSF 陣営と Unix International 陣営 (Sun Microsystems) に分かれて対立があり, Sun は OPEN LOOK 仕様を実装した OpenWindows デスクトップ環境 (Solaris 8 画面)を推していた。見た目はスッキリしていて優れていたが、すごく使いにくかった。

その後、OSF 陣営とUnix International 陣営が合わさって、作られたのが CDE.

CDE のユーザインターフェイスは, IBM OS/2 Warp と同様. Warp 3 のスクリーンショット。ほぼほぼ一緒.

現在, CDE はオープンソース化されて、自由に入手できるようになっている. CDE のサイトはこちら;

自分でビルドするのはしんどい。バイナリパッケージのある Linux ディストリビューションを使おう。

SparkyLinux

SparkyLinux は、様々なデスクトップ環境を簡単に切り替えることができる。

次の25 のデスクトップ環境をサポートしている. 全然知らないものが多い. Sparky 4.x MinimalISO installations screenshots

名前 概要 ツールキット
awesome タイル型WM --
bspwm タイル型WM --
Budgie Solus Linuxディストリビューション用
CDE (Common Desktop Environment) Motif
Cinnamon GNOME 3技術で GNOME 2に似た操作. gtk
Enlightenment EFL
Fluxbox bは小文字. --
GNOME Flashback GNOME のフォーク
GNOME Shell gtk
i3 タイル型WM --
IceWM 軽量な WM. 昔、使っていたことがある. --
Jade Built with html5, css, javascript and python. Jade Desktop
JWM
KDE Plasma Qt
Lumina
LXDE 軽量デスクトップ. Xfce 派生. LXQt で置き換え. gtk
LXQt Qt
Manokwari GNOME3 with Gtk+ and HTML5 front-end. Manokwari Desktop gtk
MATE GNOME 2ルック & フィール. gtk
Openbox Minimalistic WM. --
Pantheon Based on Mutter window manager
PekWM
Trinity KDE3
Window Maker GNUstep
Xfce 軽量デスクトップ環境 gtk

入手

Stable, Rolling, Development の3バージョンがある。Rolling (based on Debian "testing") でいいだろう。

"Home" エディション, 現在は SparkyLinux 5.5 LXQt, 64bit のISOイメージを取ってくる。LXQt v0.13.0 で, Qt5ベースのもの。

ちょっと設定

LXQt のHiDPI 設定. 設定 > LXQt Settings > LXQt コンフィグレーションセンター

LXQt外観の設定 > フォントで、解像度 (DPI): 160ぐらいにすればOK. gtkアプリは、また別の設定?

apt コマンドについては、例えば, この辺; LinuxのDebian系パッケージ管理 apt系コマンドの使い方

sshサーバが入っていない。「Synapticパッケージマネージャ」で入れる. "ssh" をインストール. 依存パッケージも自動で入ってくれる。

CDEのインストール

本題のCDEのインストール.

まず, ldconfig にパスが通ってない。PATH を修正. /sbin を足す.

パッケージリストを更新。

# apt-get update

そいで、インストール.

# apt-get install cde-desktop    => これでは上手くいかない.
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  binfmt-support ksh libmotif-common libmrm4 libuil4 libxm4 libxp6 ncompress
  tcl8.6 xfonts-100dpi-transcoded
提案パッケージ:
  tcl-tclreadline
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  binfmt-support cde-desktop ksh libmotif-common libmrm4 libuil4 libxm4 libxp6
  ncompress tcl8.6 xfonts-100dpi-transcoded
アップグレード: 0 個、新規インストール: 11 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
65.2 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 248 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n] 

APTus で "デスクトップ"タブから, CDEを選ぶ => これは成功

いったん Leave > ログアウトで、ログアウトする。GUIログイン画面の右上で, デスクトップ環境を選択

CDE をデスクトップ環境として見た場合、

  • [WM] 枠が上下左右にあり、掴みやすい
  • [WM] 押せるところは出っ張っている。どこが押せるか分かりやすい
  • [WM] 左上のウィンドウ・メニューボタン, 右上の最大化、最小化が明確.
  • アプリをグルーピングして, "front panel" のメニューに格納できる。
  • 現代の目で見ると, アプリの検索がほしい.

そんなに悪いもんじゃない。

スタイルガイドも、Web上に残っている。物持ちいいな。

ツールキット

では何があかんかったのか。ツールキットの Motif が、今の目で見ると厳しすぎる。今どき Xt かよ。こんなので開発したくない。

今は, Motif もオープンソースになった。Motif user interface toolkit についてはこちら;

ということで、UI だけ CDE にするテーマ集を紹介しておきます。