Kolibri OS - アセンブラで書かれたOS

[[2018.6 update]]

Kolibri OS は、超軽量の kernel を持つ, 32bit OS.

アセンブラ (!) で書かれている. MenuetOS のフォーク.

特徴

  • プリエンプティブなマルチタスク.
  • カーネルの大きさは, 100Kバイト未満. 多くのプログラムと併せて, 1枚のフロッピーディスクに収まる.
  • USB, TCP/IPスタック.
  • アセンブラで書かれている.
  • GUI
  • ファイルシステム:
    • FAT16/32 (長いファイル名)
    • ext2/3/4
    • NTFS (読み込みのみ)
    • ISO 9660 (読み込みのみ)

入手

公式サイト:

公式サイトの [Download] タブをクリックし, LiveCD イメージを入手する。

2018年6月現在, 最新のリリースは, 2009年12月の Kolibri 0.7.7.0. これは古すぎる。ビルドは頻繁にされているようだ。2018-May-24 版を試した。

CDから起動する.

HDDへのインストールは、どうすればいいのだろう?? いつでもCD-ROM から boot して使うイメージ, か?

HDDは見え、データを保存することはできる。


フロントパネルは、マウスカーソルを重ねると、飛び出してくる。

アプリケーション


マインスイーパ, ファイラ.


3D表示.


テキストベースながら, Webブラウザもある。

開発

subversion リポジトリがある。ライセンスは GPLv2.