rb2html ダウンロード

Trunk - HEAD

リリースされていない最新状態は, GitLab.com の gitリポジトリから入手できます。

$ git clone https://gitlab.com/netsphere/rb2html.git
または
$ git clone git@gitlab.com:netsphere/rb2html.git

次のページから, ソースコードを閲覧することもできます。

(2017.2) gitlab.com に移転しました。

リリース版

license / ライセンス

Copyright (c) 2001, 2004, 2006-2008, 2017 HORIKAWA Hisashi. All rights reserved.

rb2htmlは、オープンソースソフトウェアです。バージョン2.4までは, Common Public License V1.0でライセンスします。

rb2htmlバージョン3.0以降は, GNU Lesser General Public License (LGPL) バージョン3以降でライセンスします。

rb2html is an OSI Certified Open Source software.

rb2html before 2.4 are licensed under Common Public License, version 1.0 (CPL-1.0).

rb2html after 3.0 are licensed under the GNU Lesser General Public License (LGPL) version 3 or (at your option) any later version.

バージョン3.0 (not yet released)

  • Ruby 2.3で動作するようにした。
  • ライセンスを LGPLv3 に変更。
  • [C family] C++11キーワードに更新。Objective-C 2.0ディレクティブに更新。
  • [Haskell] Haskell 2010に更新。モジュール修飾された変数名・定数名。
  • [Haskell] 型名を切り出すように。まだ完全ではない。
  • [Python] Python3キーワードに更新。
  • [JavaScript] ECMAScript 2015 (6th Edition / June 2015) のキーワードに更新。

既知の課題:

  • C#対応.
  • [C++] 文脈依存のキーワード
  • [Haskell] 文脈依存のキーワード
  • [Haskell] 型名の切り出しをもっと確実に。構文解析が必要か?
  • [Haskell] 準クォート
  • [Ruby] Ruby2 の {シンボル:値} 記法のハッシュの, symbol key部分.

バージョン2.4 [2008-04]

版 / Version:
2.4 (revision 265)
公開日 / Release Date:
2008.4.1
ファイル / File:
rb2html-2.4.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • 出力するHTMLを ol - li タグを使うようにして、コピー & ペーストしやすいようにした。
  • 見栄えを今風に。
  • Factory.format() を廃止。
  • リファクタリング。
  • [Haskell] [Java] [JavaScript] [Python] 文字列中のエスケープシーケンスの扱いがまずかったのを修正。
  • [Java] [JavaScript] 最後のトークンの出力漏れを修正。
  • [Java] ジェネリクス (Generics) に対応。
  • [C] 演算子なども切り出すようにした。
  • [C] C99のキーワードを追加。
  • [JavaScript] JSON, E4X に対応。
  • [JavaScript] 演算子 /= のtypo? 修正。
  • [HTML] 名前空間を使ったときの終了タグの空白の扱いを修正。
  • [HTML] 文書型宣言は小文字でも可。
  • [HTML] script要素の内容をJavaScriptとして色づけ。
版 / Version:
2.3 (revision 135)
公開日 / Release Date:
2007.5.17
ファイル / File:
rb2html-2.3.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • JavaScript, Haskellを追加。
  • 字句解析とHTML属性との対応付け設定をrb2html-conf.rbにまとめた。
  • [HTML] ERB (eRuby) に対応。<%, <%=から%>までをRubyスクリプトとみなして切り出すようにした。
  • [Java] 数値、アノテーションなどを切り出すようにした。
  • [Ruby] 特異クラスの<<を(ヒアドキュメントではなく)正しく認識するようにした。
  • [Ruby] シンボル=>のとき、'='はシンボルの一部ではない。
版 / Version:
2.2.1
公開日 / Release Date:
2007.1.16
ファイル / File:
rb2html-2.2.1.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • [Java] [C/C++] 行番号出力on/offを実装。Thanks to 橋本さん
  • [Ruby] ::の扱いが正しくなかったのを修正。
  • Rb2HTML#format_code()の初期値を、行番号を出力しないように変更。
版 / Version:
2.2
公開日 / Release Date:
2006.11.11
ファイル / File:
rb2html-2.2.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • HTML/XML, CSSに対応。
  • [Python] バグフィックス。長い文字列を誤判定していた。
  • [Ruby] バグフィックス。%表記でエラーになることがあった。defined?はキーワード。
  • [C/C++] 動かなくなっていたのを修正。
  • Factory.format() を追加。ERBで使いやすいようにした。
  • 行番号を出力するかどうか選択できるようにした。
  • コマンドラインオプションで言語名を指定できるようにした。
版 / Version:
2.1
公開日 / Release Date:
2006.10.26
ファイル / File:
rb2html-2.1.tar.gz
主な変更点 / Changes:
  • Pythonに対応。
  • [Ruby] 誤った字句解析をしてしまうパターンをいくつか修正。