中小企業向けの ERP (会計分野; 商用・オープンソース)

(2009.6)

(2019.1) 古い記述や変遷を削り、今の状況を加筆。

起業では, まずは地元の税理士事務所に毎月の会計処理をお願いするだろう。上手くいって規模が拡大してくると、商業高校を卒業したスタッフを雇い、勘定奉行を導入するのがコース。

小規模事業者のステージを抜けると、早い段階で ERP に切り替えるのがいい。規模が拡大してからだと、なかなか大変。

今から選ぶなら、クラウドにするだろうと思う。少し前までは accounting 分野とかだとオンプレミスにしたいなぁ、と思っていた。手入力が多いと Web はつらい。

洋物だと、給与計算 payroll が含まれないのが通常で、別途仕入れる必要がある。

固定資産回りも、日本の償却資産税に必要な帳票をカバーできるか確認が必要。最近は意見が変わってきた。帳票がダイレクトに出せなくても、必要なデータが取れれば、無理に別システムを入れる必要はない。

業績管理は, ERP の分野ではないので、別途 EPM を検討したほうがよい。ページを改めて整理しよう。

API によるデータ連携、add-on によるアプリケィションの拡張が重要。その辺りの開発のしやすさが、地味に大切。

いずれにしても、信頼できるベンダの選定、導入前のfit-gap分析が大切。

ERPの定義

ERP は Enterprise Resource Planning の略なので、resource 計画の機能がないものは ERP って名乗ってはいけないよね。

もともとは MRP (Material Resource Planning; 資材所要量計画) と MRP II の発展形が ERP なので、少なくとも、在庫やその購買とか、出荷計画とか、それらを踏まえた計画の機能があってしかるべき。生産計画機能や顧客管理機能はまたジャンルが少し違うので、そういう機能がなくても ERP と名乗るのは差し支えないと思うが。

小規模事業者むけ

製造業その他で社員数20名以下のイメージ。

この規模だと、ERPはコストが見合わないし、必要にもならない。このステージを一瞬で駆け抜けるのでない限り、次のようなパッケージから選ぶのがよいのでは。

会計管理製品シェア調査(中堅・中小企業向け)、freeeやマネフォは本当に“躍進”? 連載:中堅・中小企業市場の解体新書

以下、目安の年商を書いていくが、単一事業のみ, 取引内容がシンプル、子会社・関連会社がない (または数社以内), などの場合は、もう少し上, 1.5倍 (〜2倍は厳しいか) までいけると思う。逆の場合は早めに乗り換えていくほうがよい。

勘定奉行
ふつうにこれでいいと思う。奉行iシリーズ、奉行クラウド、奉行 V ERPと行けば、年商50億円ぐらいまではまかなえる。
弥生会計
個人・本当に小さい企業向け。当たったことがない。
GLOVIA
使っている会社を見たことがないけど、どこで使われているのだろう?
OBIC7
7までが商品名。ヴァージョンではない。ザ・昭和オブ昭和、のまま引っ張ってきているので、2020年代に入れるものではない。今後全面リニューアルがあれば、可能性ある。
財務大将, Galileopt
悪いこと言わないので、止めておいた方がいい。メーカーはERP と言っているが、もちろんERP ではない。ただの会計システム.
freee クラウドERPで中堅企業のバックオフィス業務効率化 | クラウドERP freee
もちろん ERP ではない。会計・請求・経費業務って、自分で言ってる。固定資産の機能がないので、別にもう一つ会計システムが必要。何それ。APIを売りにしているが、デザインが腐っていて、まともに使えない。

機能は、はっきりオモチャ。オモチャで悪いわけではなく、値段の割には, よい。びっくりするぐらい値段が安い。2021年6月期3Q決算説明資料で, ARPU (ユーザ当たり平均売上) 3万7,300円. これ、最初月額かと思ったら、年額だった。ビビる。

下は年商2,000万円~3,000万円から、上は年商20億円ぐらいまで。それより上は無理。

Money Forward クラウド
freee のライバル。クラウド会計, 請求書, 経費, 固定資産, 確定申告 (個人のみ)。給与計算, 社会保険, 勤怠。こちらのほうが無理せず普通の会計システムの領域に見える。(試したことはない。)

中小企業〜中堅企業向け商用パッケージ

「中小企業」は、業種によって違うが、社員数100人以下または300人以下の企業を指す。

選択肢は、そんなに沢山あるわけではない。

Oracle NetSuite

クラウドERP といえば NetSuite. 下は年商30-40億円から、上は年商1,000億円ぐらいまではスケールできる、はず。

一番の心配事は Oracle 社に買収されたこと。Oracle は Oracle Fusion Cloud ERP に全力投球で、買収した会社と自社の見捨てたプロダクトは, 隅っこに追いやられている. 次のプロダクトは、Oracle Fusion Cloud ERP への移行が推奨されている.

  • Oracle E-Business Suite
  • PeopleSoft
  • JD Edwards EnterpriseOne と JD Edwards World

あと、意外と値が張る? キャンペーン価格の時期かどうかによるかも。

SAP Business ByDesign / SAP Business One

SME (中小企業) 向けが SAP Business One (B1), もう少し大きい企業向けが SAP Business ByDesign (ByD).

SAP Business One はオンプレミスでも導入できるし、クラウドにも載せられる。

対象の企業規模はかなり被っている。行っている事業がシンプルなら、Business One で下は年商2億円~3億円から、上は年商100億円までいける。導入費用は掛かるが、ERPとしてはかなり安い部類。

Business One のアドオン開発は, COMコンポーネントを利用した VB.NET / C# になる。クラウドだとどうするんかな? SOAP インタフェイスもあるが。

ByD は最初から Webベースとして開発された。NetSuite 対抗だよね。対象企業は, 下は年商30-40億円ぐらいから、上は年商1,000億円まで (これもNetSuiteと同じ)。利用料は月額40万円から。

ただ、ByD は, SAP S/4 HANA と対象企業規模が被っているように思う。B1 の次は S/4 HANA というのもアリでは? (コストも大きく跳ね上がりそうだが.)

Microsoft Dynamics 365

昔見たときは「ちょっと採用できない」という感じたった。最近は Microsoft がかなり力を入れているので、選択肢になるかもしれない。

プランがころころ変わっているので、料金は不明。今は次の3つ, か。

Unified Operations Plan Finance and Operations, Retail and Talent
Customer Engagement Plan Sales, Customer Service, Project Service Automation, Field Service , Marketing, Microsoft Social Engagement

上記の両方を合わせたものが Dynamics 365 Plan.

[2021.6] 料金プラン、また変わってる。中小企業向け Business Central Premium プランで、1ユーザ当たり月額10,870円。製造とサービス管理が不要 (外だしなど) なら, Business Central Essentials プランでよい。20ユーザで月額20万円ぐらい見ておけばいいか。

その他 ERP

名前だけ。探すといっぱいある。

△ DS-mart ERP

[2021.6] あまり力が入っていない感じ。会社としては SAP Business One のほうを推している?

mcframe GA
ZAC -- 株式会社オロ. プロジェクト収支に特化。
見たり使ったりしたことはない。
△ ProActive E2
歴史はある。今から新規で入れるものではないと思う。
Plaza-i 製品情報 | 株式会社ビジネス・アソシエイツ
日本の中堅・中小企業、海外進出企業、外資系企業向け100% オリジナルERPパッケージ.

そのほか、ERPでないもの

△ SuperStream-NX -- これも、自分で財務会計って言ってる。ERP ではない。使ったことはあるが、あまり勧められない。

Free or Open Source ERP

商用サポートが付いている、という前提で、オープンソースERP も挙げておく。まともに候補になるのは、当たり前だが、そう幾つもない。

この分野は、結局、お金を出していいのでちゃんとしたものを入れたい、と考えるので、open source にしたから上手くいく、というものでもない。はっきり、死屍累々。

iDempiere = OSGi + ADempiere

ADempiere ERP プロジェクトは死に、現在はこの iDempiere になっている。

元々 ADempiere も a community fork of Compiere ということで, 商用の Compiere を源流とする。

Java アプリケーション。

Odoo

名前が何度も変わる ERP. 上手くいってないんかな? Tiny ERP から OpenERP になり, 今は Odoo になった。

価格はモジュール単位になっている。Human Resources, BI も含む. Multi-currency, multi-company.

Open Source / AGPL. Pythonベース.

[2019.3] 実際に手元でインストールして試してみた。実用にはだいぶ距離がある。厳しい。

[2021.6] すごい安い。●●試し中。

Dolibarr ERP & CRM

試したことないが、メジャーらしい?

PHP. Webサイトが日本語化されている。

△ ERPNext

Odoo の対抗馬。Webサイトでは, Open Source Alternative to SAP と大きく出ている。

ERPNext is 100% open source and will continue to be so. An Open Letter to the Odoo Community

[2019.3] デモ環境で試してみた。Odooよりいっそう実用には厳しい。サービス取引の請求書を受け入れられないのは、結構, 致命的ではないか。

[2021.6] ヴァージョンが進んでおり、再度試してみた。確かに機能は順調に増えているが、うまく整理されておらず、ゴチャゴチャしているのと、それでもなお機能性が不十分。うまく的が狙えていない感が強い。

xTuple ERP

(2016.5) PostBooks, Distribution, Manufacturing, Enterprise の4つのエディションになっている。

xTuple ERP Editions Comparison | xTuple | Open Source ERP for Mac, Linux and Windows

(2019.1) 価格を確認。変更なし。

エディション ライセンス料
PostBooks (Commercial) $45 per user, per month
Distribution $90
Manufacturing $130
Enterprise $150

フリーのPostBooks Editionと、商用のStandard Edition, Manufacturing Edition がある。

sourceforge.net でホストされているが、活発さはあまりない。iDempiere と Dolibarr ERP/CRM が双璧。

(2012.4)

PostBooks, Standard, Project, Manufacturing, Enterprise のエディションがある。

Fixed Asset Mgmt はEnterprise エディションのみ。ここは別に用意する必要がある。 あとはStandard エディションで足りる。

(2011.2)

名前が xTuple ERP: PostBooks Edition に変更になったようだ。現在の最新版は、2010.12にリリースされたv3.6.0. 開発は続いているようだ。

△ Apache OFBiz

2019年2月現在, ユーザ向けドキュメントが, まったく存在しないと言っていいレベル。これでどうしろと?

その他

Openbravo ERP
昔に見たときはよさそうに思ったが、ERP は諦めたみたい。現在は, e-Commerce, Order Management, WMS のパッケージになっている。
CK-ERP
Drupal + CK-ERP => コンテンツ管理が中心?
ERP5
2019年1月現在、2014年11月のバージョン5.5 が最新。プロジェクトが終了している、か?
opentaps
  • http://www.opentaps.org/ [サイトの内容が変わった]

opentaps 1.5 is based on Apache OFBiz 10.04 and Tomcat 6.0.26. Java EE. 2019年1月現在, 2011年2月の opentaps 1.5 は古すぎる。News も 2015 年で止まっているし、プロジェクトが死んでいる模様。