Debian GNU/Hurd

(2015.5)

GNU Hurdカーネルを使った、Debianによるディストリビューション。

GNU Hurd

GNU Hurdは、Machマイクロカーネル + ユーザランドサーバによって, UNIXを実装しようとするプロジェクト.

Mach マイクロカーネルは往年の NeXTSTEPでも使われていた。MkLinux というのもある。

The Microkernel Mach Under NeXTSTEP from Gregor Schmidt

GNU Hurd プロジェクトが始まったのは 1991年、最初のリリース version 0.2 が出たのが 1997年、か? いずれにしても、非常に昔から, 続いているのか続いていないのかよく分からない。

Debian GNU/Hurd

[2020.10更新] Debian GNU/Hurd 2019 が 2019年7月にリリースされている。

This is a snapshot of Debian "sid" at the time of the stable Debian "buster" release (July 2019), so it is mostly based on the same sources. It is not an official Debian release, but it is an official Debian GNU/Hurd port release. Debian GNU/Hurd is currently available for the i386 architecture with about 80% of the Debian archive, and more to come!
  • An ACPI translator is available, it is currently only used to shut down the system.
  • The LwIP TCP/IP stack is now available as an option.
  • A PCI arbiter has been introduced, and will be useful to properly manage PCI access, as well as provide fine-grain hardware access.
  • Support for LLVM was introduced.
  • New optimisations include protected payloads, better paging management and message dispatch, and gsync synchronization.

Debian GNU/Hurd 2015 が 2015年4月29日にリリースされている。

  • http://thread.gmane.org/gmane.os.hurd.bugs/27177 リンク切れ
Since the last snapshot release coinciding with "wheezy", the init system has been switched to sysvinit for a more Debian-like experience. Further changes since the last snapshot include:
  • The core GNU Hurd and GNU Mach packages were updated to versions 0.6 and 1.5, respectively. Besides numerous other improvements, they bring vastly improved stability under load and prolonged uptime.
  • The networking drivers were migrated to user-space drivers using the NetDDE framework and a Linux-2.6.32 codebase.

Notable new or upgraded packages which required considerable porting effort and/or are known to work well on Debian GNU/Hurd include Iceweasel 31 ESR, XFCE4 4.10, X.org 7.7 and Emacs 24.4.

インストール

CDで9枚組、DVDで3枚組と、ずいぶん大きい。

次のところから debian-hurd-2015-i386-NETINST-1.iso を取ってくる。NETINST は使えない。DVD版の1枚目を使う。iso-dvd/ にあるもの。

そのディスクからブートする。

Language は日本語を選ぼう。最初、English を選んだら、タイムゾーンが米国しか選択できず、困った。

あと、パッケージを選ぶところで、GNOME やCinnamon が選べるが、いずれもインストールに失敗する。最初はデスクトップ環境は入れないのがよさそう。

インストールが終わったら、再起動で、ログイン画面が立ち上がる。

いろいろ設定

初期設定方法は, 公式のこちらが詳しい; Debian GNU/Hurd Configuration

$ uname -a
GNU debianhurd 0.6 GNU-Mach 1.4+git20150409-486/Hurd-0.6 i686-AT386 GNU
JPキーボードの[\] [\]キーを認識しない。これは困った.

ファイルシステムは ext2. さすがに、見劣りする。

/hurd 以下に実行ファイルがいろいろ. これがサーバ群か?