Linuxディストリビューションあれこれ

[2008.03.11] ページを分割。

[2019.09] リンク切れを更新。

Linux は, PCに限らず、組込みシステムからメインフレームまでカバーするUNIX OS。厳密には「Linux」はカーネルだけを指す。

通常は、ライブラリ、管理ソフト, 各種アプリケーションを集めて、ディストリビューションという形で配布される。

Distribution に収録されるソフトは、どれも似たり寄ったりで、WebブラウザFirefox、Officeスイート LibreOffice などが含まれる。デスクトップ環境も GNOME など同じものばかり。

ディストリビューション間で違いが出るのは、パッケージ管理の方法。ディレクトリ構成、設定ファイルの場所も違いが出やすい。

Linuxディストリビューションのうち、メジャーなものは次のとおり。[2019.09更新] [2020.11更新]

  1. MX Linux (Debian-based; Xfce) - antiX と MX Linuxコミュニティの成果.
  2. Manjaro (Arch Linuxベース; Xfce)
  3. Ubuntu (Debian-based). 派生ディストリビューションがやたらに多い;

    Linux Mint (Cinnamonデスクトップ, MATE), elementary OS (Pantheonデスクトップ) - GTK3ベース, Pop!_OS [NEW!] (GNOME desktop), Zorin OS (GNOME, Xfce)

  4. RedHat, Fedora, 派生で CentOS
  5. Debian
  6. Solus (スクラッチから; Budgieデスクトップ)
  7. openSUSE
  8. Arch Linux, 派生で ArcoLinux (旧ArchMerge), EndeavourOS

[2021-09] Alpine Linux の人気が高まっている。libc が glibc ではなく musl libc. Docker イメージをコンパクトにできる。

RPMパッケージ利用 - RedHat系, openSUSE

Red Hat Enterprise Linux のクローンなど。パッケージ管理は rpm.

☆ Fedora

Red Hat Linuxがなくなって、開発がFedora Projectに引き継がれた。とにかく最新版を追求、頻繁にバージョンアップする方針。

yumコマンドでパッケージのアップデート、インストールが可能。だったが, dnf コマンドに変更になった。

配布サイト:
Fedora Project

Fedora Linuxをベースにして商用のRed Hat Enterprise Linuxが制作されている。Red Hat Enterprise Linux のリリース日と収録カーネルの一覧

Fedora 12, 13 Red Hat Enterprise Linux 6 2010年11月
Fedora 19, 20 Red Hat Enterprise Linux 7 2014年6月
Fedora 28 Red Hat Enterprise Linux 8 2019年5月

セキュリティ勧告は、簡単なものがメーリングリストにて配信される (Webでアーカイブを参照できる)。文書はないに等しいので、必要があれば Product Documentation for Red Hat Enterprise Linux 8 などを参照するのがいい。

コンテナホスト用途として, Fedora CoreOS edition がある。「Fedora Atomic Host」(Fedora 29ベース) と「CoreOS Container Linux」の後継。

▲ CentOS

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) をベースにした, 無償のOS.

[2021-12] CentOS 8 の end-of-life が 2021年12月31日。CentOS Stream は RHEL 開発版を追いかけるので、用途が違う。開発版を追いかけるなら、Fedoraでもよくない?

個人 (individual) 向けには, Red Hat Developer program で, RHEL が 16ノードまで無償。オープンソース組織にも無償提供 (Extending no-cost Red Hat Enterprise Linux to open source organizations). 逆に、これ以外の場合はすべて、有償の RHEL への移行が求められる。

新規プロジェクトだと当然 Debian系や openSUSE も考慮に入るが、既存プロジェクトだと別のクローンへの移行を考えるか。

第一候補は AlmaLinux. ELevate Project がある。メインスポンサーは CloudLinux社で、ほかにもスポンサーを確保している。

次いで, Rocky Linux. コミュニティベースだが、こちらも多くのスポンサーを確保している。

より広い候補先については、例えばこの記事; CentOS Linux 8 is about to die. What do you do next?

[/2021-12] ここまで.

[2019-09] CentOS 7 から CentOS 8 へのアップグレードは、何をどうやっても上手くいかなかった。クリーンインストールしかない。

CentOS 8は GNOME 決め打ち。KDE については, パッケージすらない。

open-vm-tools-desktop, xorg-x11-drv-vmware パッケージのインストールを忘れずに。画面が大きくできない。

CentOS だけだとパッケージが足りず, 追加リポジトリを別途導入する。メンテナンスされているものは、次ぐらいか。

Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL)
Fedora Project が提供。 EPEL - Fedora Project Wiki

RHEL/CentOS 6 or RHEL/CentOS 7用. RHEL/CentOS 7 用は x86_64, ppc64, ppc64le, aarch64.

単一のリポジトリ。Python 3.4 と 3.6がある。python36-3.6.6-2.el7.x86_64.rpm (2019-01)

KDE5 を入れるときは, sddm-kcm, kscreen を忘れずに (設定画面の統合)。

IUS Community Project
Rackspace 社がスポンサー。IUS

RHEL 6/7, CentOS 6/7用. RHEL/CentOS 7用は x86_64 のみ。

EPEL をインストールすることが前提で, さらに追加パッケージを提供する。

パッケージ一覧; Packages - IUS. python34u-3.4.8-1.ius.centos7.x86_64 (2018-02), python35u-3.5.6-1.ius.centos7.x86_64 (2018-11), python36u-3.6.7-1.ius.centos7.x86_64 (2018-12)

EPELのさらに追加なので、それほど多くのパッケージがあるわけではない。

Software Collections (SCLs)
Red Hat が提供。Software Collections — Software Collections

RHEL / CentOS 7用。x86_64のみ。

"Collection" という形で, パッケージの集合を用意。コレクションごとにバージョンが固定される。

Python 3.6 (rh-python36) collection => rh-python36-python-3.6.3-3.el7.x86_64 (2018-04). マイナバージョンも固定してしまうようだ。

☆ openSUSE

いろんな会社に買収されて渡り歩いたが、現在は独立系。

SUSE Linux Enterprise が商用, フリー版が openSUSE. Red Hat のクローンではない。

[2020-11] Btrfs を試すために openSUSE Leap 15.2 を入れてみた。意外とと言っては失礼だが、よくできている。これはいい。

パッケージマネジャは zypper. GUIの設定は YaST コントロールセンタでおこなう。

# zypper install mlocate

2021 年 6月に openSUSE Leap 15.3 がリリースされた。対応アーキテクチャは x86_64, aarch64, ppc64le, x390x. リリースノート | openSUSE Leap 15.3

openSUSE は, SUSE Linux Enterprise (SLE) のクローンではない。しかし、コアパッケージについてはバイナリレベルで共通化されており、Leap 15 から SLE 15 へのアップグレードがサポートされる。

Debian 系 (debパッケージ)

パッケージは deb. ツールは aptコマンド.

☆ Debian

超巨大なディストリビューション。私は、何度か挑戦したものの、なぜかインストールできた例がない。縁がないのかもしれない。

[2020.9] 普通にインストールできた。挙動も OK.

配布サイト:
Debian -- ユニバーサルオペレーティングシステム

セキュリティ勧告は、メーリングリストでの配信とWebでの掲示。

v3.0r2 woody (2003.11.21リリース) は, アップデートによって、カーネル2.4.19, gcc 3.0, glibc 2.2.5 という組み合わせ、らしい。

バージョン リリース
8 (Jessie) 2015年4月
9 (Stretch) 2017年6月
10 (Buster) 2019年7月 Debian 10 buster released

Ubuntu

デスクトップ用のLinuxディストリビューション。Debian をベースにしている。Canonical社が商用サポートを提供。

配布サイト:
Ubuntu - Linux for Human Beings

Debian より, もうひとかた, 縁がない。

[2020.09] こちらも試したが、こちらは上手くいかなかった。上流の Debian でいいような気がする。

▲ Windowsfx

[2021.05]

変わり種。Wine を使って Windows アプリケーションをメインにする。

Windowsfx Operational System

Windowsfx 10.8 を試した。Microsoft Edge, OneDrive, Microsoft Teams などが最初からインストールされている。PowerShell, Skype for Linux, Telegram Desktop, それから Office スイートは ONLYOFFICE (Linux版) が入っている。

リモートデスクトップ関係では, TeamViewer (Linux版), AnyDesk (Linux版), それから Citrix Receiver も入っている。選り取り見取り。

しかし、OneDrive はちゃんと動かない。サウンドも鳴らない。画面も, 起動時やロック画面、設定画面などできるだけ Windows に似せようとしているが、ナンチャッテに見える。

結局、2階建てになっている以上, このアプローチは難しい。基盤の Linux をきちんと動かした上で, Windows バイナリを動かせるようにするのがよさそう。そうすると, PlayOnLinux Home - PlayOnLinux - Run your Windows applications on Linux easily! がよさそう。Arch Linux, Debian, Fedora および Ubuntu 用にパッケージがある。

似たようなコンセプトの distribution は, Zorin OS Zorin OS - Your Computer. Better. とか Ubuntu GamePack Ubuntu GamePack がある。

[2021-09] 2021年8月にリリースされたばかりの Zorin OS 16 を試してみた。Debian-based, GNOME, PlayOnLinux (WINE). ただ、あまり設定がちゃんとしている、という感じではなかった。インストーラの解像度、GNOME 設定が保存されない場合がある。パッケージ検索に問題、WINE が HiDPI には非対応、と。

Arch Linux

パッケージ管理は Pacman. これは mingw でも使われているパッケージ管理ツール。

NixOS

パッケージマネジャは Nix. NixOS - NixOS Linux

A Linux distribution with a unique approach to package and configuration management. Built on top of the Nix package manager, it is completely declarative, makes upgrading systems reliable, and has many other advantages.

Reproducible, Declarative, Reliable. 面白いアプローチ。

Knoppix

配布サイト:
KNOPPIX Japanese edition

CD-ROMのみで動作するLinuxディストリビューション。

(2014.3) KNOPPIX 7.0はDVD 4.2GBです。さすがにCD 1枚には収まらない。

Slackware

バージョン3.4まで使ってたが,パッケージ管理が貧弱。何でも自分でソースからコンパイルするならいいかもしれないし、また、そういう人向け。

配布サイト:
The Slackware Linux Project
ライセンス:
カーネルはGPLv2 or later

セキュリティ勧告はWebに掲載。

Slackware v10.0 (2004.06.23リリース) は、カーネル2.4.26, gcc 3.3.4, X.Org X11R6.7.0, GNOME 2.6.1, KDE 3.2.3という組み合わせ。

外部リンク

DistroWatch.com: Put the fun back into computing. Use Linux, BSD.